変換せずにそのまま保存することが出来る

データを簡単に保存できる

パソコンの外付けHDDというものは、どのようなデータでも保存することができます。従って、スマホやデジカメの中にある写真のデータも、わざわざ変換せずともそのまま保存できるようになっています。やり方はとても簡単で、まずはスマホやデジカメをパソコンに繋ぎましょう。そして、写真のデータを保存しているファイルを表示させます。あとはその中にあるものを、ドラッグアンドドロップにて外付けHDDの中に保存をするだけです。しばらくまでは保存が完了するので、破損などの不具合がないかチェックしましょう。なお、厳密には移動ではなくコピーをするため、スマホやデジカメに写真のデータは残ったままです。本体に残しておく必要がないなら消去しましょう。

写真を表示させるためのソフトを導入しよう

外付けHDDへ写真のデータを保存したのなら、それをパソコンのモニターに表示させたいと考えるでしょう。しかし、パソコンによっては、そのままではデータが読み込めず表示できないケースがあります。それを確かめるために、まずは外付けHDDに入っているデータをクリックしてみましょう。もしも、読み込むためのソフトが入っているのなら、そちらにてデータを読み込み写真を表示してくれる可能性が高いです。できなかったときは、jpgやrawなどデータの拡張子を調べた上で、そちらを表示するためのソフトを導入しましょう。インターネットに接続できれば、無料で配られている画像表示用のフリーソフトを入手できるので、お金をかけずに撮影した写真を見ることができます。