多くの写真データを保存することが出来る

動作不良を起こす前に対策をしよう

ホームページにアップロードする環境が整うことで、多くの人に写した写真を楽しんでもらえる環境となっていますが、逆に問題となっているのが容量の問題です。スマホとパソコンからホームページにアップロードをするためには、写した写真をスマホとパソコンのHDDに残す必要があります。しかしスマホやパソコンは多くのアプリケーションを利用することで容量を消費しているため、大量の写真を保存してしまうとすぐに容量が尽きてしまいます。それではスマホやパソコンが動作不良を起こすため容量を軽くする必要があります。そこで撮影した大量の写真を残す方法にはいくつか種類がありますが、その中で元もやりやすいのが外付けハードディスクに保存をすることです。

外付けHDDを利用して写真を残す方法

外付けHDDを利用して写真を残すには家電量販店で購入した後に、スマホもしくはパソコンとUSBケーブルで直結します。このままでは保存ができないので、スマホもしくはパソコンに記録用CDからアプリをダウンロードするか購入した企業のホームページからアプリをダウンロードします。

アプリをダウンロードが出来たら起動し、スマホもしくはパソコンの写真保存用フォルダーから移し替えたい写真にチェックを入れて転送をするだけです。残した写真は大量に残せるだけでなく、持ち運ぶこともできるので別のパソコンに転送することも可能です。そのため外付けHDDを購入しておくことで、スマホやパソコンが壊れたとしても大切な写真を残しておきたいとくに役に立ちます。